【ブログ】

ブログ

 教会のブログを、

 アメブロで、更新中です。

 

 テーマ ・聖書のことば

      ・日々のできごと

      ・子育てあれこれ

      ・心に響いた言葉

      ・簡単おやつレシピ

      ・今日の晩ごはん etc.

 

 

   こちらも是非ご覧下さい。 → めぐみキリスト教会のブログ

 

 

 『青梅ジュースできあがり!』


 青梅2キロとグラニュー糖2キロ、穀物酢200CC

 それだけが材料です。

 

 10日ほどで、こんなジュースができあがります。

 青梅から出た果汁が、グラニュー糖と穀物酢と混ざって、

 暑い時期にうれしい、青梅ジュースです。

 冷水で5倍くらいに薄めると、きりっと、暑さを吹き飛ばしてくれますよ。


 この夏も活躍しそう!



『桜開花」


桜の開花宣言もなされ、名古屋には今年も春本番がやってきました。
鶯の初鳴きも聞きました。
神様の恵み溢れる季節を感謝します。

今週のみことばは、
「私の主、私の神」です。
12弟子の一人、トマスの言葉です。
彼は復活の主に会い、腹の奥底から、信じる者になりました。

紆余曲折があったとしても、長らく求め、久しく迷ったとしても、肝心なのは「私の主、私の神」と復活のイエスを信じ、信仰を告白することなのです。
信仰の歩みは、この告白から始まります。
そして、その歩みは永遠に続く道なのです。

イエスは彼に言われた。
「あなたはわたしを見たから信じたのですか。
見ずに信じる者は幸いです。」

私たちも、信じて、幸いな者でありましょう。
復活の主は、あなたの前におられます。

4月5日はイースターです。
来週は受難週。
十字架のあがないと復活、心深く覚えて、過ごしてまいりましょう。
今週も祝福をお祈りしています。

「来客あり」


さくら並木はすっかり赤く色づき、晩秋の風情の聖日でした。

今日は遠方より、車で日本各地を旅行中の方が、礼拝に来られました。
このブログを見て、うちの教会に来て下さったそうです。
他のブロガーの方からもお薦めがあったとか。
まあ、どなたかしら。恐れ入ります。

サイトのつながりって不思議です。
初対面でも知ってる人のような気になって、
これまた知らないところでうわさされるのも光栄です。
キリストの広告塔になっていれば幸いですが。

そんなこんなで、礼拝後の昼食会では、楽しくお交わりできました。
その後、関西方面に旅立って行かれました。
主の祝福と守りが、いく先々でともにありますように。

さて、今週のメッセージの主題は、ヨブ記より、
「あなたは、なぜ神を信じているのか」であります。

ヨブには先週に続き、さらに苦難が着ます。
今度は自分が全身病気になったのです。
サタンはなんとしても神様からヨブを引き離したいのです。

しかし、ヨブは苦しみの中でも信仰を告白します。
私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいも受けなければならないと。
ここに、信仰のあるべき姿があります。

つまり、神を信じる理由は、何か祝福があるから信じるのではなく、
神がまことの神だから、信じるのだということです。
ヨブにとっては、わざわいも幸いも、神を信じる理由とは関係ないのです。
これでは、サタンの策略は完敗です。

ハレルヤ!私たちはなんと素晴らしい神に出会い、信仰をいただいたのでしょう。
今週も、いつも喜び、すべてに感謝して歩んでいきましょう。
主の恵みをお祈りしています。


世界食料デー。国連が制定した世界の食料を考える日です。

日本では、「世界食料デー」と前後する10月1日~31日「世界食料デー月間」として、国際機関やNGOが協力して様々なイベントを行ない募金を募ります。


この世界食料デーにちなんで、教会では教会学校主催のランチデーを行いました。

子どもたちとメニューを考えて作り、食券を作って、礼拝後の教会の昼食に買ってもらい、売り上げを献金することにしたのです。


企画の時点から、子どもたちは張り切り、「ホットドックやきゅうりの塩漬けを作りたい。ポップコーンも作ろう!」とアイディアを出し、楽しく頑張りました。

メニューは、チョコバナナ、たこ焼き、おでん、豚汁、ホットドックに焼きトウモロコシ、きゅうりの塩漬けにポップコーンにアイスクリーム、飲み物。

どれも50円。安いでしょチョキ

10品まとめて食券買うと、1品サービスにしました。

当日は大盛況で、6600円の売り上げ+1000円寄付で、7600円を献金することができました。

子どもたちをはじめ、教会のみんなで、世界の食料について考え、捧げることができて感謝でした。

&とっても楽しく。

味をしめた子どもたちが、来年も企画してくれそうです。ニコニコ

 


「夏の風物」

 

カラッとした暑さの聖日でした。太陽
教会の昼ごはんは、三色丼に、ところてんをつけました。
四角いところてんのかたまりを用意したので、
めいめい自分の分のところてんをつるんと搾り出して食べました。

なんとはない作業も、初体験者がほとんどで、ワイワイ。(・∀・)
醤油と生姜で食べるのが好評でしたよ。
ささやかな夏の涼味をみんなで楽しみました。

 

 

 

「家族の時間」

 

クリスマスは、教会で礼拝を守ったら、
あとは家族で温かく楽しく過ごせたら幸いです。

教会でも、礼拝のあと、神の家族の交わりをします。
持ち寄りの食事をして、プレゼント交換をして、子どもたちも楽しんで。
今年一年を感謝しつつ、互いの信仰と愛情を高めましょう。
それが、神様のおこころだと、しみじみ思います。
主の恵みは、そんな交わりの中で味わえます。

楽しいクリスマスでした。

イエスさま、ありがとう。

 

 

 


「たこ焼きパーティー」

 

若者風に言うと「たこパー」らしい。
聖日礼拝のあとの昼食で、みんなでたこ焼きパーティー。
けっこうな盛り上がりを見せた。

3台のたこ焼き器で、グループに分かれて「焼き」開始。

チーズやチョコやポップコーン入りなど変わり味もあり。
台風到来前のひととき、楽しい企画でした。
好評につき、また開催されそうです。

 

 


「バーベキューとさくらんぼ狩り」

 

爽やかな五月晴れ。
風もなく穏やかな母の日の礼拝でした。

ちょうど毎年この頃が、さくらんぼの収穫時期。
そして、教会庭での恒例バーベキュー。

 

美味しく楽しいひとときを、みんなで過ごせました。
主に感謝。TOMO